ノマドワーカーの雑記帳

教育やノマドワーカーについて、その他色々な事について書いていきます。

起業するのに必要なことは何か。調べてみました。

こんにちわ、つばさです。

f:id:kouseiya99:20190411160811p:plain

いよいよ、起業について潜入捜査をしてまいりました。実際に起業したらどうなるかですね。大切なことは次の3点。

・会社の登記

・事務所の場所探し

・資本金の確保

 これさえできれば、あなたますぐに経営者ってわけです。

 

今日は、まず法務局へ相談しに行ってきました。

何を・・・

そう、合同会社をどうやって設立するかを聞きに行ったのです。

前日に簡単な質問について法務局へ問い合わせをすると、

 

法務局「実際に予約を取ってしか質問は受け付けておりません」

私  「はあ、簡単な質問なんですが・・・」

法務局「いや、予約をとって聞くことになります。9:00、9:30、10:00が空いていますがどうしますか」

私  「それでは、9:00で」

 

ということで行ったわけですよ・・・

9:00に行くと名前と番号を呼ばれ、法務局の相談課へ。

 

法務局「今日は、会社設立についてということでの質問でよろしいですか」

私  「はい」

 

それから、間髪入れず書類tを取り出し説明を30分続きました。

忘れずに大切なことを書きますね。

 

・登記の住所は、これから事業をする予定の住所でよい

(契約はしていなくてもOK)

・資本金は自分の口座に入れてコピーをして提出

(その後、会社の口座へ移す)

・資本金は1円でもできる。

・会社のハンコは作らないとダメ

・個人のハンコ(代表者のハンコ)も必要

・印鑑証明(代表者)も必要

・収入証紙は6万円分でよい

・大体1週間~10日間で登記が完了する。もし、不備があれば電話がくる

 

これから会社を起業する人に役に立ちましたでしょうか。わっ~~~と30分で説明されました。

 

その後、不動産で物件探しを探してみました。家の近所で駐車場込み2万円、しかもTV付という好物件を見つけて、大喜び。ちなみに登記が終わらないと法人契約ができないので、注意が必要です。

また、一方で大切なのは、資本金の話ですが、とりあえず、資本金が会社の信用にかかわることらしいです。1円でも会社は作れますが、信用度が全然違うそうです。そうはいってもなかなかないもの。でも、銀行や日本政策金融公庫などは独自スタイルの貸付方法を行っていますし、金利も女性が起業する場合0.5%前後からあるようです。

なかなか、一歩を踏み出せない方は、一度訪れて相談されてはいかがですか?

あっそうそう、借りるに関して「起業企画書」が必要なのことを付け加えておきます。

 

「起業計画書」=事業内容の詳細です。

 

コンセプト、資本金のあて、事業内容、収支計画書、マーケティング戦略(どうやって商品を販売するか)などを詳細に書く必要があります。私の場合、ワードとパワーポイント版を用意しました。

ということで今回は、起業報告という形で終わりたいと思います。

今回もご覧いただきましてありがとうございました。