ノマドワーカーの雑記帳

教育やノマドワーカーについて、その他色々な事について書いていきます。

結婚までの道のり・・・シンガポール、そしてインドネシア編

 

今日は、シンガポール編とインドネシア編をご紹介いたします。

 

 

 

マレー鉄道にて

翌日、クリスマスにマレーシア駅からシンガポール駅へ向かうことになりました。

なんと、電車の出入り口のドアが開いているんですよ。(びっくり)

でも、アジアの気持ちいい風に吹かれながらの旅。なんと心地よいではないか・・・

っておい、彼女が爆睡中。しかもキャップをかぶって顔を隠し。

 

俺 : 「気持ちいからデッキに出てみない」

彼女: 「興味ない・・・寝るわ」

 

なんともはや、男と女との違いについて気づかされたのであった。

といううちに、国境の町、ジョホルバールへ到着。荷物ごとおりパスポート見せてハンコ押されてまた乗り込む。

 

※昔、初めて来たとき、このジョホルバールが終点だと思い込んで、出たらえらい目にあいまして。シンガポールの中心地までタクシーで移動することになりました。とはいえそんなに距離はないんのですがね。

 

 

ついにシンガポールへ

シンガポール・・・なんか前の彼女とも来た思い出がよみがえる。(って女垂らしかい)そうかもしれません。否定はしません。でも、シンガポール好きなんです。

美味しい料理、英語が使えるすばらしさ、そして近代的なビル。

なんと素晴らしいのでしょう。

その後ついてすぐにホテルを探しました。

 

俺 :「いいとこみーつけ」

彼女:「やった~~~」

彼女:「で。5つ星・・・・?」

俺 :「・・・今回は星無し」

彼女:「え~~~~」

俺 :「その代わりインドネシアへ行こう」

彼女:「まじで~~~」

 

そう、今回の旅の終わりはインドネシアだったのです。。。

 

 

そして、インドネシアへ

旅行代理店を探して街を歩くが、どこも閉まっている。さすが年末。ダメだヤバイ。

言った以上、男の意地がある。

じゃあホテルに直接連絡だ~~~

 

ホテル:「ご用件は?」

俺  :「明日から一泊したいんですが」

ホテル:「大丈夫ですよ。・・・・・・・・」(よく聞き取れない)

とにかく行ってしまえ~~~

ということで彼女と一緒に船へ。そうマレー鉄道と船、飛行機の3つ陸海空の制覇を達成したのでした。

 

 

インドネシア(ビンタン島)にて

 

 

ホテルに到着した私たち。

ホテル:「ご用件は」

俺  :「予約したつばさですが」

ホテル:「無いですよ」

俺  :「え~~~(焦る)」

俺  :「電話で予約をしたと思うんですが・・・」

ホテル:「たぶん、年末だからいっぱいでお断りしたはずですよ」

俺  :ち~~~~ん。聞き取れなかったところか。。。

 

周りを見ると彼女がくつろいでいる。何とかせねば。

 

俺  :「部屋開いていませんか」

ホテル:「ラッキーですね。ちょうどキャンセルが出た部屋があります」

俺  :「(救う神がいた。奇跡)」

 

f:id:kouseiya99:20190328103301j:plain

それから3日間ビンタン島を楽しんだのでした。

今回の旅はトラブルだらけ・・・・って英語力なさすぎでしょ。