ノマドワーカーの雑記帳

教育やノマドワーカーについて、その他色々な事について書いていきます。

副詞、接続詞そして間投詞(感嘆詞)について。。。Wow!!

ここまでお付き合いくださってありがとうございます。

それでは、第3回目(中間)の品詞編の説明をしますね。

 

ここまで、動詞・名詞・代名詞・前置詞・形容詞をお伝えしました。「はあ〜〜」とため息をついているあなた。これからですよ。これから。さらに詞(ことば)を説明します。

 

今回は、先に言うと、、、、、3つの品詞をご紹介いたします。

 

3つも・・・瀕死状態に。ならないでくださいね。

品詞はある程度概念がわかればいい話です。そんなに力を入れなくても大丈夫、大丈夫。なんとか、ここまで来ているのですからね。 

 

では、最初は副詞から紹介します。

副詞=動(サブ)的に補うもの

どういうことかって言うとね。。。。。

日本語で、私は速く走る

この場合、「速く」が副詞になります。そして、この中の動詞「走る」を説明してますよね。つまり、「速く」→「走る」ってな具合。

英語で言うと、always(いつも), usually(普段),fast(速く)など

 

次に接続詞をご紹介します。

接続詞=文と文を接続する(ことば)のこと

日本語で、しかし、だから、なぜなら などがこれにあたります。

英語では、but, so, becouse などになります。

大切なのは・・・・

 

1+1=いくつ?でしょう?

 

馬鹿にするなよ〜〜〜こんなの小学生、いや幼稚園レベルだぜ。なんて思ったあなた。

 

答えは、、、、2

 

じゃないんです。ざんね〜〜ん。

英語の世界では、1+1=1なんです。

つまり 1文+1文=1文 になるのです。

 

次は、なんとなく概念にある間投詞(感嘆詞)を紹介しますね。

間投詞(感嘆詞)=動やきを表す(ことば)

日本語では、お〜〜、痛〜〜、すっげ〜〜とかに当たるもの

英語では、Oh, Ouch, Wow など

 

 

以上で、とりあえず8種類ある品詞をお伝えしました。まずは、詞の種類から入りましたがいかがだったでしょうか?すこ〜〜しずつでいいので、慣れていってくださいね。

 

次回は、品詞編最終回です。

動詞・前置詞・代名詞を詳しく説明したいと思います。この3つが実は大変。。。

 次回は、少し長くなることを覚悟してくださいね。

 

・まっ動詞がわからなくてどうしよう(^^)V

・文の中に動詞1つ

 

この2つことば重要なので忘れないでくださいね。

 

今回もご覧いただきましてありがとうございました。

みなさんからのコメントをお願いします。励みにもなりますし、お叱りも受けます。

ぜひよろしくお願いします。